LINE 告白 断り方

lineで告白された場合の上手な断り方とは

スポンサーリンク

今回は告白する側からの記事ではなく、LINEで告白された時にどう断ったらいいのかなというのを紹介していきます。
個人的にはLINEで告白された時点でちょっと冷めた気持ちなんですが。。。
今は時代の流れでLINEで告白する人も増えているんですよね。
LINEで告白するのも顔を突き合わせないのでやりやすいのがメリットです。
また断る側にとっても顔をあわせないので、気まずさはちょっと減るかなという感じですね。
ただ気まずさは少ないといってもやはり断り方を間違ったら人間関係に支障をきたす場合もあるので注意が必要です。
ただでさえLINEではコミュニケーション上のトラブルがありますし。
LINEで告白された場合断る時はどのようにするといいのでしょうか。
まず時間をあまり置かないでお断りすることが大事です。
告白を受けてから時間が経てば経つほど、断りづらくなります。
すぐ断ると相手に対して失礼かな。。と思いがちですが、思わせぶりな態度ほど相手を傷つけてしまうものはありません。
可能性があると思わせないようにすぐお断りしたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

曖昧な返事もかえってよくありません。
相手の告白に対して一刀両断でお断りというのも角がたちますが、
例えば「自分にはお付き合いしている人がいます」「好きな人が他にいます」「今は仕事が忙しくておつきあいできません」という思いはきちんと伝わる文面にしたほうがいいですね。
せっかく好きと告白してもらったのですが、ごめんなさいという気持ちを伝えるようにしてください。
文章で伝えるとついつい攻撃的な文面になってしまう人もいますが、その後の人間関係を考えると、お断りする旨はつたえつつもその表現方法は柔らかくしたほうがいいでしょう。
面と向かってお断りする時は相手も気まずいんだなとか、申し訳なく思っているんだなというのは表情などで伝わります。
でも文章だけだとそこまで伝わらない場合があるので配慮が必要なわけです。
相手が恋愛対象として見られなくても今まで通りの対応を望んでいる場合があります。
その時はお断りした後も「こちらは気にしていないので今までどおりに会話しましょう」という気持ちを伝えたほうがいいです。
お断りした後はこちらから話かけてあげたりして気にしていないことをアピールしてあげるのも人間関係をギクシャクしないためには必要かもしれませんね。
LINEは気軽に使えるツールである分、告白のお断りなどは気を使ったほうがいいですよ〜。

スポンサーリンク