ライン 中学生 好きな人告白したけど

中学生がラインで好きな人に告白したけど…成功するにはどうする?

スポンサーリンク

LINEはコミュニケーションツールとしてとても人気があります。
中学生が好きな人に告白するときに利用することも多いのではないでしょうか。
告白は直接したほうがいい。
直接面と向かって言ってもらった方が嬉しいと言う意見も多いです。
一方、面と向かっていうのは恥ずかしいのでLINEで告白するというひとはとても増えています。
文章でいうので気持ちを伝えやすい、素直に気持ちを言えるというひともいます。
でも簡単にメッセージを送れる分、告白したけどそのまま微妙な関係が続く。という悩みも多いのです。
中学生がLINEで好きな人に告白する場合まず相手に本気だと思ってもらうことが大事です。
雑談の延長上でついつい告白してしまいたくなる時があります。
この場合なかなか本気にされません。
好きというところまでは伝えられてもそこでおしまいということもよくあるので雑談の延長上というより、LINEで告白するときは告白メインで送ってみるといいでしょう。

スポンサーリンク

LINE上で好き好きといっても簡単に受け流されやすいのがLINEのデメリットでもあります。
とくに相手があなたのことにあまり興味が無い場合LINEでのやり取りはそのままうやむやにされてしまいます。
相手のことが好きだというのをわかってもらうにはいきなりLINEで告白ではなく、普段の生活から好意をアピールしておくと成功率は高くなります。
中学生くらいだと告白されて恥ずかしいと思う子もいて、告白されたとたんそっけない態度を取ってくることもあります。
それが好きだけどそっけない態度をとっているのか
それともほんとに興味ないからそっけない態度をとっているのかを見分けることも大事です。
もしLINEで告白したけど待ってくれと言われてしまったら…
答えを聞きたくて焦る気持ちをわかりますが、ここはしばらく待ってみましょう。
LINEで頻繁にやり取りする間だったらこれまで通りにLINEを相手に送ってもいいものか迷うところです。
返事を急かすものでないなら今までどおりの態度をとったほうがいいですね。
急に送らなくなると相手が本気じゃないのかと思うこともありますし、今まで以上にLINEのやり取りをするとしつこいと感じることがあります。
難しいかもしれませんが、今までどおりのペースを守ってみてください。
辛いかもしれませんが、相手の気持ちを考えてあげるほうがいいですよ。

スポンサーリンク