告白の仕方 中学 男子

告白の仕方はどうすればいい?中学生男子の場合

スポンサーリンク

いつも仲良くしているあの子に告白してもっと親密になりたい!彼女になってほしい。そう思うことはありませんか。
中学生になると異性がきになりどきどきしてもっともっと相手のことが知りたい!一緒にいたいと思う気持ちが強くなってきます。
ただ好きだなと思っていても相手には伝わりません。
もし好きな女の子と付き合いと思ったら自分の気持ちを伝える。告白するということが必要です。
もしあなたが普段から仲良くしている女の子に告白したい!と思っているならやはり直接あって気持ちを伝えるといいでしょう。
今はメール、LINEといったすぐ相手とコミュニケーションをとれるツールが充実しています。
でも普段から仲良くしているとそれらのツールで好きだよといってもそれが彼女になって!と言う意味なのかお友達として仲良くして!ということなのかがいまひとつ伝わらないでしょう。
まったく伝わらないわけではないですが、気軽に使える分相手にも気軽にスルーされてしまう可能性が高いわけです。

スポンサーリンク

恥ずかしいかもしれません、お断りされてしまうかもしれません。でも好きだなと思った相手には直接目をみていったほうがいいですよ。
万が一今はつきあえない。お友達としてならと言われたら傷つくかもしれません。
それはあなたの人間性を否定されたことにはなりません。
思い切って勇気をだして告白してみてくださいね。
告白するときはやはりふたりきりのときを狙って行ったほうがいいですよ。
中学生だとお友達との付き合いが楽しくてなかなかふたりっきりになるきっかけをつかめないかもしれません。
ちょっといいかな?といってふたりきりになるようにするといいですよ。
告白する場所としては学校の非常階段。校庭の済み、帰り道といったところですね。
顔が赤くなるから、緊張するからといって告白する勇気がでないかもしれません。
赤くなることは恥ずかしいことではないですよ。緊張するのは好きなこの前だからしょうがないこと。
勇気をもって告白してみてくださいね。

スポンサーリンク