告白 保留 冷める

自分から告白したのに保留されて気持ちが冷めてしまった時の対処法

スポンサーリンク

自分から片思いの相手に告白したのに返事を保留されてしまう。ということがあります。
告白された側にしてみれば迷うというのがあるのでしょうが、やはり早く告白の返事をしてあげたほうがいいですよね。
告白してきた相手に対する気遣いかもしれませんが、一大決心をして告白したものとしてはたまっともんじゃありません。
それはさておき、自分から告白して保留されたり、告白はしたもののしばらくしたらなんか違うという気持ちに変わってしまうことはあります。
人の感情なのでそれはしょうがないです。
告白した側にしてみれば告白したのに保留しているということは自分に気持ちがないと判断するでしょうし。
また決断しないということは自分のことを安全牌にしているのではという悔しい気持ち。
決断力がないなど急に告白したけど気持ちが萎えてしまうことはあります。

スポンサーリンク

もしあなたが告白したのに保留されて気持ちが冷めてしまっても自分を責める必要はありません。
今度はあなたがずるずると返事を保留している相手に対して早めに行動をとってあげるといいでしょう。
「返事もないようなのであきらめます。ありがとう」とこちらから気持ちをいっていいのではないでしょうか。
断るのが悪いなと思っていた相手の気を楽にしてあげることができます。
またそれによってあなたが告白した彼、彼女がどういう態度をとるのかがわかります。
その返事でやっぱり相手もその気がなかったんだということもわかります。
そしてあなたのその言葉でじゃあ付きあおうかということになっても自分のことが好きではないのではともやもやしてしまいます。
なのでこれで終わりにしますね。とケリを付ける言葉で相手を安心させたほうがオススメです。
そして気持ちに整理をつけたあなたは新しい恋に早く進んだほうがいいですね。

スポンサーリンク