好意 相手を意識しすぎる

好意をもっている相手を意識しすぎるときはどうする?

スポンサーリンク

好意を持っている相手に対して、接触することを避けてしまうことや無視するなど相手を意識しすぎるためにこのような行動を取ってしまうことを好き避けといいます。

 

相手を意識しすぎるためにこのような行動を取ってしまいますが、その根元にあるのは、見栄に近い感情になっています。

 

一般的には、自分が何とも思っていない相手に対しては、その相手にどう思われようが大きな問題は特にありません。

 

あえて嫌われてしまいたいという人は少ないですが、どうしても好かれたいと思う人も少ないといえます。

 

ですが、自分が好意を持っている相手には、嫌われたくないと考えている人はほとんどです。

 

ですので、好きな人の前では恥をかくようなことをしたくない、カッコ悪い所を見られたくないと考えた結果が好き避けという結果になってしまっていると考えることができます。

 

スポンサーリンク

好き避けは好意を持っている相手を意識しすぎることが原因になっています。

 

ですので、好き避けされている場合や逆に好き避けされてしまっている場合もまずは冷静になることが大切です。

 

無意識にこのような行動を取ってしまうという場合には、好意を持っている相手は、自分が何か失敗してしまったら笑うような相手なのか、カッコ悪い所を見せてしまったら嫌われてしまうのかなど冷静に判断することが重要なポイントです。

 

また、好き避けされてしまっている場合は、余計なプレッシャーをかけるようなことをしていないか、過度に接触を試みるようなことはしていないかなど見極めることが大切です。

 

好き避けは好意を持っている相手を意識しすぎることによって起こるので、嫌われているわけではありません。

 

ですので、まずは好意を持っている相手を意識しすぎることに対して冷静になってよく考えることが必要です。

 

そうすることによって、相手を意識しすぎることも落ち着いてきて、好き避けもしなくなってきます。

 

スポンサーリンク