告白の仕方 中学 女子

好きな人へ告白の仕方について中学生女子編

スポンサーリンク

好きな人に告白するなら成功率を高くしたいですね。
当たって砕けろ!気持ちを伝えたほうがいいといわれますが、あまり成功率の高くない告白というのがあります。
それは相手が自分のことを知らないのにあなたのほうが舞い上がって、意識しまくってどきどきしているという時です。
こういう段階ではいくら好きだからといって告白しても「よく知らないのに。。。」と相手に戸惑われてしまいます。
まずは自分の存在を知ってもらい親しくなることを考えてくださいね。
女子中学生が好きな人に告白するときに直接いったほうがいいのかメールがいいのか、悩むときがあります。
男子中学生編でも紹介しましたが、やはり直接気持ちを伝えるのがオススメです。
女の子はメールやLINEでやり取りするのが好きなのでそちらの便利なツールを使いたいかもしれません。
基本的に男子のほうがメールやLINEをめんどくさく思いがちでしかもそっけない答えしか返ってこない可能性が高いです。
そうなの?っと軽く受け流されてしまうかもしれません。

スポンサーリンク

恥ずかしいかもしれません。赤面しちゃうから上手く言えないかもと思うかもしれません。
でも勇気を振り絞って相手に告白するのがいいでしょう。
あと女子にありがちなのが、女友達についてきてもらって告白するというのはオススメしません。
恥ずかしがり屋やシャイな男子、ほんとうに多いです。
告白されるのもドキドキするのに、ほかの女子生徒がそばにいて様子を見ていると言う状態は苦手です。
二人になれるタイミングで告白しましょう。
学生のうちだと資金的に特別な場所を用意してというのも難しいですし、相手にも負担です。
それより学校の帰り道、駅、公園といった場所、また校庭の済み、学校の非常階段というのが告白する場所として人気があります。
また朝早く学校にいき人のいない教室、放課後の教室などもちょっと特別な感じがしてオススメですよ。

スポンサーリンク